HOME>オススメ情報>業者選びと査定額を左右するポイントについて知ろう

業者選びのポイント

乾杯

ワインの買取を利用するなら、業者選びをしっかり行うことが欠かせません。同じ銘柄のワインでも、業者によって買取価格は変わります。少しでも高値で買い取ってもらいたいなら、業者選びをじっくり行うことが大切になります。人気のワインや流通量が少ないものは高値が付きやすいので、所持している場合には、商品の価値が分かる業者を選ぶようにしましょう。また、1本から買い取ってくれるのか、10本以上など、ある程度の数がないと買い取ってもらえないのかといった点もポイントと言えます。買取を希望したワインを全て買い取ってもらえるとは限りません。金額が付かなかったり、買取をしてもらえなかったりということもありますし、買取単位は業者によって変わるので、よく確認し、利用しやすい業者を選ぶことが大切です。

保存状態が重要

ワインの買取を利用する場合、銘柄と年代が分かれば、ある程度の買取額を予想することは出来るかもしれません。しかし、実際の査定額が予想よりも下回ってしまうこともあります。年数が経過しているワインほど、保存や管理の状態が問われます。大切に保管していたワインなら、高値を期待出来るかもしれませんが、長期間、所持しているのを忘れ、管理も杜撰な場合には、いくら有名銘柄でも査定額は下がってしまいます。保存状態はワインの味を左右する大事な要素です。買取を利用する際は、保存状態も考慮した上でワインの査定額を予想することが大切です。

取扱には注意が必要

ワインの買取では、ワインを買取業者までどのように運ぶかが鍵になります。店舗が近くにあり、持参出来る場合もあれば、ワインを業者に送り、査定してもらう場合もあります。業者に届く前に瓶にヒビが入ってしまったり、割れてしまったりということになっては、査定額が大幅に下がったり、値が付かなかったりということになりかねません。どういった形で買取を利用するのが良いか、よく考えることが大切です。また、夏場のように温度が高い場合、ワインを送るならクール便を利用した方が良いものの、送料の負担の有無や金額は業者によって変わります。よく確かめた上で、利用する業者を選ぶようにしましょう。

広告募集中